×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 運輸系

パイロットになるには

パイロット

 飛行機やヘリコプターを操縦する職業。航空会社で航空機を操縦するエアラインパイロットや、警察や新聞社、病院などで航空機を操縦する事業用操縦士などがある。どちらも専門的知識と技術、身体能力が求められる職業だ。

パイロットになるには

エアラインパイロットには最難関ライセンスが必要

 パイロットになるためには、訓練を修了したのち、国家試験を受けてライセンスを取得しなければならない。商用飛行のライセンスには、事業用操縦士と定期運送用操縦士の2種類があり、エアラインパイロットの機長は、最難関の定期運送用操縦士のライセンスが必須だ。
 民間の訓練学校や航空大学校が訓練を行うほか、航空会社が自社養成パイロットを採用して訓練するケースがある。ただし、自社養成パイロットの採用はかなりの狭き門で航空会社によっては再受験できない。民間の訓練学校は多額の訓練費がかかるが、需要の高まりを受けて、ヘリコプターの大手民間会社が奨学金制度を始めている。

パイロット なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す