パイロットの資格

パイロット

 飛行機やヘリコプターを操縦する職業。航空会社で航空機を操縦するエアラインパイロットや、警察や新聞社、病院などで航空機を操縦する事業用操縦士などがある。どちらも専門的知識と技術、身体能力が求められる職業だ。

パイロットの資格

必須資格 … 定期運送用操縦士/事業用操縦士

 パイロットとして働くためには、国家資格である「事業用操縦士」または「定期運送用操縦士」の資格が必要だ。警察や消防、民間企業などで旅客機以外を操縦する場合は「事業用操縦士」が必要になる。エアラインパイロットの場合、副操縦士は「事業用操縦士」が、機長は「定期運送用操縦士」がそれぞれ必須。
 どちらの資格も、一定の飛行経験を積まなければならない。そのため、あらかじめ航空大学校や大学の養成コースに入学する、大手航空会社の自社養成コースに就職することがパイロットになる近道だ。ただし、後者は非常に狭き門であり、簡単には採用されないので注意しよう。

関連する職業

トラック運転手/航空整備士/自動車整備士/航空管制官/ディスパッチャー/航海士/電車の運転士/自動車メーカー勤務/鉄道会社勤務

 パイロットに関連した職業は、運輸系の職業の中から見つけることができる。特に、航空整備士や航空管制官は、同じ航空業界で働く職業であり、関連性が非常に高い。また、下記の職業以外にも、グランドスタッフや客室乗務員など、航空業界に関わる職業はたくさんある。運輸や飛行機・車・船の操縦に憧れるなら運輸関係全体を、特に航空機に憧れるなら航空業界に絞って調べると、興味のある職業を見つけやすいだろう。

この職業になれる専門学校を探す