×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

カラーコーディネーターの仕事の内容

カラーコーディネーター

 住宅の外装・内装、アパレル商品、家電機器など、建物や商品の配色を提案する職業。デザイナーやウェディングプランナーといった職業と兼任することが多いが、フリーランスでカラーコーディネーターを専業にしている人もいる。

カラーコーディネーターの仕事の内容

商品のコンセプトに合った色彩を提案する

 住宅や建物の内装や外装、服飾品、家電機器、店舗ディスプレイなど、さまざまな場面で最適な色の組み合わせを提案するのがカラーコーディネーターの主な仕事だ。
 仕事の進め方は扱う対象によって異なるが、基本的には、その商品のコンセプトを理解するところから、色のイメージを膨らませていく。メインターゲットとなる消費者層や、流行の色やデザインなどの最新の情報について分析し、商品にふさわしい色の設計を見定める。
 最近では、個人を対象に服装や化粧の色についてアドバイスして、その人にふさわしいパーソナルカラーを選定するといった仕事をしている人もいる。

 カラーコーディネーターは建築会社、インテリアショップ、ブライダル企業、アパレルや工業製品のメーカーと、さまざまな企業で活躍している。また、カラーコンサルティングを専門としている会社に勤務する人や、フリーで働く人もいる。
 例えば建築会社で働く場合、家の新築やリフォームを考えている顧客に対し、色彩のバランスを考慮した内装や外観を提案する。また、建築物の立体図に着色を施し、完成後のイメージを具体的にする役割を担うこともあるようだ。ブライダル企業で働く場合、花やテーブルといった結婚式会場のセッティング、衣装のスタイリングを行う。
 また、必ずしも「カラーコーディネーター」という肩書で採用されるわけではなく、建築会社や住宅メーカーであればインテリアコーディネーター、ブライダル企業であればウェディングプランナーと、採用される職種の中でカラーコーディネーターの専門知識を生かしていくことが多いようだ。