×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

カラーコーディネーターの収入、資格

カラーコーディネーター

 住宅の外装・内装、アパレル商品、家電機器など、建物や商品の配色を提案する職業。デザイナーやウェディングプランナーといった職業と兼任することが多いが、フリーランスでカラーコーディネーターを専業にしている人もいる。

カラーコーディネーターの年収・給与・収入

収入

働く場所、経験、実力によって異なる

(現状「カラーコーディネーター」という職種での求人はあまり多くない。多くのカラーコーディネーターはメーカーの商品開発担当者やウェディングプランナー、CADオペレーターなど、さまざまな職種で採用され、専門的な知識を生かして活躍しているのが現状だ。そのため収入も職場によって異なり、一概に“このくらい”と言うことはできない。
 一方で、カラーコーディネートだけを専門的に行うフリーランスのカラーコーディネーターも一定数いる。フリーランスの場合も、経験や実績によって収入に大きな開きがある。人によっては商品のコーディネートからセミナーの講師業、執筆活動まで幅広く行っており、大きな収入を得られているようだ。ただし、収入を安定させるためには実力だけでなく、営業面でも相応の努力が必要。)