×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

カラーコーディネーターにふさわしい人

カラーコーディネーター

 住宅の外装・内装、アパレル商品、家電機器など、建物や商品の配色を提案する職業。デザイナーやウェディングプランナーといった職業と兼任することが多いが、フリーランスでカラーコーディネーターを専業にしている人もいる。

カラーコーディネーターに向いている人・適性

流行や消費者の動向などへの関心が高いことが大切

 どのような職場で働くにせよ、カラーコーディネーターには流行をしっかり押さえた配色の提案が求められる。そのため消費者のライフスタイルや、はやりのファッションに関する見識が欠かせない。強い好奇心があること、流行を追うことが好きなこと、普段からファッション誌などによく目を通している人に向いている職業だ。
 また、メーカーの商品企画の部署や建築会社、ブライダル企業などで働く場合、さまざまな人と協力しながら仕事を進めることになる。チーム内で円滑に意思疎通を行うコミュニケーション能力の高さも求められるだろう。加えて、働く場所によっては顧客に直接要望を聞いたり、提案したりすることも多い。人と接することが好きな人、自分のアイデアで相手を喜ばせてあげたいと思う人であれば、やりがいを持って働けるはずだ。