×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

カラーコーディネーターになるには

カラーコーディネーター

 住宅の外装・内装、アパレル商品、家電機器など、建物や商品の配色を提案する職業。デザイナーやウェディングプランナーといった職業と兼任することが多いが、フリーランスでカラーコーディネーターを専業にしている人もいる。

カラーコーディネーターになるには

検定を通して知識を深めておくと就職に有利

 カラーコーディネーターになるために必要な資格は特にない。大学、短大、服飾・デザイン系の専門学校を卒業後、一般企業の商品企画部門・デザイン部門か、イメージコンサルタント系企業への就職をめざそう。
 必須ではないが、就職に有利な資格として「カラーコーディネーター検定試験」がある。アドバンスクラスとスタンダードクラスの2つの級があり、どの級も特別な受験資格は求められないので、興味があれば受験してみよう。就職時に役立つはずだ。

カラーコーディネーター なるためチャート