×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

診療情報管理士の将来展望

診療情報管理士

 カルテをはじめとした診療情報を管理する職業。カルテに書かれたことが正しいかを確認し、病院のデータベースに入力・管理することが仕事だ。患者の大切な個人情報を守り、かつ病院の経営や病気の研究にデータを役立てるために必要な職業と言える。

診療情報管理士の将来性

カルテの電子化により必要性が高まる

 病院を評価する制度や、カルテの電子化、医療費支払いの目安となる「診療録管理体制加算」とよばれる制度の登場にともない、診療に関するデータは多方面で活用されるようになっている。このような事情を背景に、診療情報管理士の必要性は高まってきており、今後も活躍が期待できるだろう。

 また、診療情報管理士が管理するデータは、病院の経営だけでなく、医療の研究にも活用されている。国際的な水準でデータを管理できる診療情報管理士のおかげで、今後はますます医療技術が発達していくはずだ。また、国や自治体が医療の政策を考えるうえでも、病気や患者のデータが欠かせない。高度化していく医療を支える存在として、診療情報管理士の需要も高まっていくだろう。
 一方で、すべての病院に診療情報管理士がいるわけではなく、人手不足に陥っている職場もある。今後、診療情報管理士という仕事の意義が認知されていくことで、就職先もより広がっていくはずだ。