診療情報管理士のやりがい

診療情報管理士

 カルテをはじめとした診療情報を管理する職業。カルテに書かれたことが正しいかを確認し、病院のデータベースに入力・管理することが仕事だ。患者の大切な個人情報を守り、かつ病院の経営や病気の研究にデータを役立てるために必要な職業と言える。

診療情報管理士のやりがい

患者や医師だけでなく、地域や国まで支えられること

 診療情報管理士が扱う医療情報は、病院や患者を支える極めて重要な情報だ。診療情報管理士が正しくデータを提供するからこそ、医師をはじめとした医療従事者はスムーズに治療を進めることができる。直接的に患者と接することは少ないが、多くの人を支えている実感を持って取り組める仕事だ。
 また、診療情報管理士は医療現場のIT化に欠かせない職業であり、国からも注目されている。特にビッグデータの活用において、診療情報管理士が果たす役割の大きさは著しいものだ。まだまだ発展途上の領域だが、目の前の患者だけでなく、地域全体や国の医療をよくしていくことができるという点で、誇りを持って勤められる仕事だろう。
 診療情報管理士は事務職でありながら、たくさんの医療用語、専門用語を使って仕事を進める。勉強しなければならないことが多く、はじめは大変かもしれない。その分勉強すればしただけ成長を実感しやすいということでもあり、向上心を持ちやすい仕事と言える。勉強が好きな人にとっては天職だろう。