診療情報管理士の就職先・活躍できる場所

診療情報管理士

 カルテをはじめとした診療情報を管理する職業。カルテに書かれたことが正しいかを確認し、病院のデータベースに入力・管理することが仕事だ。患者の大切な個人情報を守り、かつ病院の経営や病気の研究にデータを役立てるために必要な職業と言える。

診療情報管理士の就職先・活躍できる場所

病院で働く人が大多数

 診療情報管理士の大部分は医療機関、特に病院に勤務している。診療所(クリニック)に勤務している人もいるが、病院で働く人に比べると数は少ない。医療に関連した民間企業に勤めている人もごく少数ながらいるようだ。

〇病院
 患者の多い総合病院での需要が大きい。配属されるのは医事課や診療情報管理室といった事務課だ。
 大きな病院では複数名の診療情報管理士が勤務していることも少なくない。その場合、「循環器内科のコーディングはこの人が担当」と、専門的な業務をある程度分担して行うようだ。また非常勤で勤務している人もいる。

〇診療所(クリニック)
 基本的な業務は病院と同じだ。ただ病院に比べて規模が小さく、診療情報管理士の数もあまり多くない。そのため病院と違ってあらゆる業務を任されやすい。

〇民間企業
 民間企業の中には医療事務を請負っている企業がある。そうした企業に入社し、診療情報管理士として病院に派遣として勤務する働き方もある。この場合、基本的な業務は病院に勤務するときと変わらない。
 また、診療情報管理士として培ったスキルを生かして、監査法人で働いたり、IT企業で医療ソフトウェア開発のシステムエンジニアとして働いたりする人もいるようだ。