×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 機械・化学研究・技術系

電気工事士

電気工事士

電気工事士になるには

電気工学系の学問を学べる大学や専門学校に進学

 電気工事士として働くためには、電気工事士の資格取得が必要だ。資格には第一種、第二種があり、扱える工事の内容が異なる。どちらの資格も、受験するのに学歴や年齢の制限はない。ただし、第一種の資格取得には一定の実務経験が求められる。
 工業高校や専門学校で、「電気理論」「電気計測」「電気機器」「電気材料」「送配電」「製図(配線図を含むものに限る)」「電気法規」の7科目をすべて履修し卒業した人は、第二種の筆記試験を免除され、技能試験のみ合格すればいい。また、第一種の取得に必要な実務経験は大学・高専で指定された科目を履修して卒業した人は3年、そのほかの場合は5年となっている。資格取得のためには、電気工学系の学問を学べる大学や専門学校に進学するのがいいだろう。

電気工事士 なるためチャート

続きを読む

電気工事士の仕事の内容

配電図や配線の施工を行う

 電気設備に不備があると、電化製品などが動作しないだけでなく、火災などの危険にさらされることになる。そのため電気工事は、専門の資格をもった技術者が行わなければならないと法律で決められている。その技術者…

続きを読む

電気工事士の働き方と生活

日中の工事がメインだが夜間に行われることも

 電気工事会社やビル管理会社などで働くのが一般的だ。日中に工事が行われる場合が多いが、日中の工事が難しいときや緊急の場合は、夜間に工事を行うこともある。また、職場によっては交替制で夜勤があることもあり…

続きを読む

電気工事士に向いている人・適性

作業の正確さ、慎重さが求められる

 電気工事は感電の危険性があり、配線の組み方を間違えてしまうと火災にもつながりかねない、危険と隣り合わせの仕事だ。また、高所での作業も少なくなく、安全には十分に気をつける必要がある。そのため、冷静で、…

続きを読む

電気工事士の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  勤務先により異なる

続きを読む

電気工事士の将来性

今後も建築物の工事に欠かせない存在

 電気は私たちの生活になくてはならないものであり、配電を担当する電気工事士の存在は欠かすことができない。新築やリフォーム、ビルに入居する際は、多くのケースで電気工事が必要となってくるため、今後も一定の…

続きを読む