×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 機械・化学研究・技術系

電気工事士の将来展望

電気工事士

 電気工事士は、建物の配電や配線の工事を行う技術者のこと。ビルの照明、マンションの防災設備、工場の機械、街灯や電柱など、私たちの生活に欠かせない機械や電化製品が問題なく動くよう、工事を通して支えている仕事だ。

電気工事士の将来性

今後も建築物の工事に欠かせない存在

 電気は私たちの生活になくてはならないものであり、配電を担当する電気工事士の存在は欠かすことができない。新築やリフォーム、ビルに入居する際は、多くのケースで電気工事が必要となってくるため、今後も一定の需要が見込まれるだろう。

 電気工事士は技術職であり、業務に関連した資格が多い。そのため、キャリアアップは資格の取得と同時に進む。
 就職して間もない時期は、見習い状態で簡単な業務をこなしながら、第二種電気工事士の資格取得をめざすことになる。あらかじめ専門学校などで資格を得てから就職すると、スムーズに業務に入れるだろう。
 第二種電気工事士の資格を得てからは、より専門的な業務を行えるよう、上級資格である第一種電気工事士の取得をめざすことになる。さらにその後も、工事の管理や施工図の作成に関わるために電気工事施工管理技士の資格取得をめざすなど、関わりたい業務に応じて資格取得を目標にしていくことができる。一方で、技能に熟練した時点で独立開業し、一国一城の主になる人もいるようだ。開業する場合も、経営や営業に関して一から勉強していく必要があるため、絶えず学ぶ姿勢が大切な職業だと言える。