×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 機械・化学研究・技術系

電気工事士にふさわしい人

電気工事士

 電気工事士は、建物の配電や配線の工事を行う技術者のこと。ビルの照明、マンションの防災設備、工場の機械、街灯や電柱など、私たちの生活に欠かせない機械や電化製品が問題なく動くよう、工事を通して支えている仕事だ。

電気工事士に向いている人・適性

作業の正確さ、慎重さが求められる

 電気工事士は作業中、常に感電の危険性がある。また配線の組み方を間違えてしまうと火災につながりかねないし、高所での作業も少なくないため、安全に十分気をつけるべき危険と隣り合わせの仕事と言える。そのため冷静で、慎重かつ正確に作業を進めることができる人が向いている。
 加えて、コミュニケーション能力も大切だ。電気工事士同士でチームを組み仕事にあたることもあり、新築の建物や大型の建物の場合、建築会社の現場監督などとも連携しながら作業を進めることになる。適切に指示や報告を行い、円滑に仕事を進めるうえで、なくてはならない資質と言える。そのほか、作業に必要な道具・機材を運ぶために、相応の体力も求められる。