×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 社会福祉系

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士

 病院や生活支援施設に勤務し、精神的な障がい・病気を抱えた人の相談に応じたり、社会復帰を手助けしたりする職業。治療自体は行わないものの、患者と医療や行政のサービスを結び、よりよい支援を受けられるようサポートする重要な役目を担っている。

精神保健福祉士になるには

専門の養成学科・コースがある学校に進むのが一般的

 精神保健福祉士として働くには、国家試験に合格する必要がある。受験資格を得るルートは複数あるが、高校生がめざすべきルートは大きく4つある。
 オーソドックスなのは専門の養成課程がある4年制大学、もしくは養成コースがある4年制の専門学校で学ぶというルートだ。この場合、卒業と同時に受験資格を得ることができる。
 2年制、3年制の福祉系短大、専門学校に進学し、指定科目を履修するというルートもある。この場合、卒業後に一定期間、相談援助の実務経験(3年制の短大、専門学校卒業者は1年以上、2年制の短大、専門学校卒業者は2年以上)を積む必要がある。
 また、福祉系短大、専門学校に進学し、精神障がい者の保健・福祉に関する基礎科目を学ぶというルートもある。この場合は卒業後の一定期間の実務経験に加え、短期養成施設などで6か月以上学ぶ必要がある。

精神保健福祉士 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す