国家公務員の就職先・活躍できる場所

国家公務員

 国家公務員とは、省庁をはじめとした国の機関で働く公務員のこと。一言で国家公務員と言っても、省庁で政府の政策を考える人もいれば、国有の山や林の調査に行く人、皇居の警備を担う人など、さまざまな職種がある。

国家公務員の就職先・活躍できる場所

各省庁と関連機関に勤務。地方での活躍も

 国家公務員の職場は試験区分によって異なり、かつ非常に多岐にわたる。ただ、基本的には厚生労働省といった各省庁とその関連機関といえる。専門職に関しては、皇宮護衛官であれば皇居に、国税専門官であれば国税庁や国税局に、といったように、それぞれの決まった職場が設けられている。
 なお、国家公務員総合職も一般職も、キャリアの途中で地方に配属されたり、本庁に配属されたりと、地域をまたいで異動することがある。

○総合職の職場
 一般的に知られている各省庁のほか、会計検査院、公正取引委員会、造幣局、国立印刷局なども総合職の職場だ。また、採用後に試験を受けて選抜された人のみだが、政策等の研究員として海外の大学院に派遣されることもある。
 総合職は公務員の中でも激務として知られているが、近年は国の政策の旗振り役として、ワークライフバランスの見直しが進められている。

○一般職の職場
 一般職も総合職と同様に、省庁と関連機関に勤めることになる。ただし、東京の本庁勤務とは限らない。
 一般職はブロック採用といって、地方ごとに採用試験を受ける。例えば警察庁は中部管区警察局、総務省は東北総合通信局といったように、各省庁は地方にも大きな部署を持っている。そのため国家公務員ではあるが、仕事自体は地方で行う、ということがよく見られる。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る