国家公務員のやりがい

国家公務員

 国家公務員とは、省庁をはじめとした国の機関で働く公務員のこと。一言で国家公務員と言っても、省庁で政府の政策を考える人もいれば、国有の山や林の調査に行く人、皇居の警備を担う人など、さまざまな職種がある。

国家公務員のやりがい

国という高い視点から仕事に臨める

 国家公務員にはさまざまな職種・職場があるが、いずれも仕事を通じて国を支えること、国民に奉仕することは同じだ。細かな仕事だとしても、一つひとつの仕事に意義を感じながら仕事に励めるだろう。また、さまざまな職種・職場があるということは、それだけ活躍のフィールドが広いということでもある。例えば「日本の教育をよりよくしたい」「スポーツを発展させたい」と思えば文部科学省で、「世界の国々との関係をよくしたい」と思えば外務省で、それぞれ国という高い視点から自分の問題意識や関心に向き合うことができるのも、国家公務員ならではのやりがいと言える。
 国家公務員の中心的な業務は国の政策を考えること、実施することだ。当然、仕事のスケールも大きい。さまざまな情報を集め、関係者と協議し、政策に関する結論を得られたときに得られる達成感も、そのスケールに応じて大きいはずだ。
 また、国家公務員には役職別・テーマ別にさまざまな研修が用意されている。生涯を通じてスキルアップのチャンスがあり、制度を通じて勉強に臨めるのも、意欲のある人にとっては貴重なやりがいになるだろう。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る