×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 デザイン系

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーになるには

大学や専門学校での基礎技術修得が近道

 グラフィックデザイナーになるのに特別な免許や資格は必要ないが、芸術系の大学や短大、専門学校のデザイン関連の学科などに進み、デザインの基本的な技術や手法、色彩理論などを学んでおいた方が有利だ。
 卒業後は出版社、広告代理店、広告制作プロダクション、デザイン事務所、印刷会社のグラフィック部門などに就職するのが一般的だが、フリーの実力あるデザイナーの助手になるなどして経験を積むのも一つの方法だ。最初は初歩的な作業しかさせてもらえないが、徐々に重要な仕事を任されるようになり、順調にいけば、いずれ独立することも可能だ。

グラフィックデザイナー なるためチャート

続きを読む

グラフィックデザイナーの仕事の内容

印刷物からデジタル媒体まで幅広くデザイン

 書籍、雑誌、新聞、広告、ポスター、カタログ、パッケージ、CDジャケットなど、主に印刷物のデザインを行うのがグラフィックデザイナーだ。
 最近ではパソコンを使った制作が主流で、インターネットの…

続きを読む

グラフィックデザイナーの働き方と生活

会社勤務でもフリーでも生活は不規則になりがち

 グラフィックデザイナーは、広告代理店や一般企業の広告・宣伝部門、デザイン事務所などで働くほか、フリーで活躍することも可能。会社に勤める場合は、所属する組織によって労働条件などに差がある。デザインの仕…

続きを読む

グラフィックデザイナーに向いている人・適性

自由な発想と手先の器用さが必要

 まずは抽象的なイメージを具体的に表現できる技術が必要。独創的な作品を作り出すには、美的感覚や柔軟な発想力が欠かせない。人の先を行く時代感覚も成功の条件と言える。
 仕事は一見華やかに見えるが…

続きを読む

グラフィックデザイナーの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  所属企業や経験、能力により異なる

続きを読む

グラフィックデザイナーの将来性

グラフィックデザインも専門化の時代

 広告をトータルに制作する場合はアートディレクター、書籍や雑誌の表紙などを扱う場合はエディトリアルデザイナーというように、グラフィックデザイナーの仕事も専門化、細分化している。これからめざす人は、どの…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す