職業情報 教育系

小学校教諭

小学校教諭

小学校教諭の仕事の内容

教科だけでなく生活全般を指導する

 小学校教諭は、1年生から6年生までの児童に国語や算数などの各教科を教えるとともに、ホームルーム、給食、掃除、登下校といった学校生活全般について指導する。図画工作、音楽、体育、家庭科などに専任教員を採用している学校もあるが、一般的には、小学校教諭は全教科を1人で教える。また、遠足や運動会といった学校行事やPTAへの参加、家庭訪問、教員同士の勉強会や研究活動なども大切な仕事である。
 小学校時代は社会生活の基礎を学ぶ大切な時期で、子どもの将来に与える影響は大きく、児童1人ひとりの個性を理解し、常に公平で冷静な目を持って指導することが必要である。

小学校教諭の働き方と生活

公立小学校では数年ごとに異動がある

 仕事内容が多岐に渡るため、児童が帰ったあとも夜まで残業することが多く、夏休みを除いて1日の労働時間は平均10時間近くになるのが現状だ。遠足や移動教室など、学校の外で指導を行うこともある。公立校では、採用された自治体内で、勤務実績や同一校勤続年数にしたがって異動がある。

小学校教諭にふさわしい人

子どもたちを受け止める包容力が必要

 小学校教諭は、子どもたちにとって学校における親とも言える存在で、子どもの人間形成に大きな影響を与える。そのため、時には優しく、時には厳しく、常に公平な立場で接し、温かい目で成長を見守ることができる人が望まれる。また、何事にも前向きに取り組む姿勢や、子どもたちを引っ張っていく指導力も必要だ。

小学校教諭の収入、資格

収入 …  初任給 約25万円(東京都・公立・大学卒の場合・2017年)

必須資格 … 小学校教諭免許状

小学校教諭に必要な資格が取得できる大学を検索

小学校教諭に必要な資格が取得できる専門学校を検索

小学校教諭の将来展望

採用には人間性重視の傾向が強まる

 少子化により小学校の児童数が減っているが、各地で少人数クラス編成の動きが見られたり、文部科学省が教職員定数改善計画を推進していることなどから、教員の採用者数はおおむね増加傾向にある。また、小学校の6年間は、社会生活の基礎を学ぶ大切な時期であるため、教員の採用基準は「学力」とともに「人間性」が重視され、教員採用試験では面接を重視するところが増えてきた。この傾向は今後も続くだろう。

小学校教諭にはこうすればなれる

小学校教員養成課程進学が一般的

 小学校教諭になるには、小学校教諭1種(大卒程度)、2種(短大卒程度)、専修(大学院卒程度)のいずれかの免許状が必要である。それぞれの教育機関の小学校教員の養成課程などにおいて、所定の単位を取得する方法が一般的だ。いずれも、社会福祉施設等で7日以上介護などを体験することが必要条件として加わっている。
 免許状取得後、各都道府県や政令指定都市が実施している教員採用候補者選考試験や私立小学校の教員採用試験を受け、合格する必要がある。ただし、公立の場合は合格してもすぐ採用になるわけではない。教員採用候補者名簿に登載され、必要に応じて各学校や教育委員会での面接など、所定の手続を経て、正式採用となる。

小学校教諭 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る