×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

臨床心理士の将来展望

臨床心理士

 精神的な悩みを抱えている人の相談に乗り、カウンセリングを行う職業。大学院を卒業しないと就くことができない、専門性の高い職業だ。病院をはじめとした医療機関だけでなく、学校、企業、刑務所など、さまざまな場所で活躍している。

臨床心理士の将来性

職場は広がっているものの、待遇の改善が待たれる

 現代はストレス社会と言われることもあり、老若男女を問わず、専門家によるカウンセリングの需要が高まっている。実際に臨床心理士の活躍の場は、病院や学校、企業、刑務所など、さまざまな場所に広がっている。今後も仕事がなくなることはないだろう。
 一方で、現状は非常勤として複数の職場で働いていたり、安定して仕事をもらえていなかったりする人が多く、待遇面の改善が待たれている。また、類似した資格が乱立していることも、なかなか待遇がよくならない一因になっているようだ。
 こうした現状から、国はこれまでなかったカウンセラーの国家資格として、2017年に「公認心理師」の資格を新しく設けた。臨床心理士の資格とは違う点も多いので、これから志望する人は資格をよく比較して、どのようなルートで臨床心理士をめざすかしっかり考えておこう。