臨床心理士の就職先・活躍できる場所

臨床心理士

 精神的な悩みを抱えている人の相談に乗り、カウンセリングを行う職業。大学院を卒業しないと就くことができない、専門性の高い職業だ。病院をはじめとした医療機関だけでなく、学校、企業、刑務所など、さまざまな場所で活躍している。

臨床心理士の就職先・活躍できる場所

教育分野や司法機関と、活躍の場は多岐にわたる

 臨床心理士の職場はさまざまで、例えば学校などの教育現場、病院などの医療機関などだ。現代はストレス社会であり、人は多くの場所・多くの要因で心の問題を抱えてしまう。そのため、臨床心理士の活躍が求められる場所も多いのだ。

○教育分野
 いじめ、友人関係、家庭不和、不登校など、生徒や保護者が抱える問題の相談に乗ったり、心のケアを行ったりする。いわゆるスクールカウンセラーと呼ばれる人の多くは、臨床心理士だ。勤務形態は基本的に非常勤で、複数の学校を掛け持ちしている人が多い。

○医療分野
 患者に対して心理検査や心理療法を行う。精神科や心療内科が中心だが、外科や内科からも、医師の要望のもとでケアに応じることが多い。
 臨床心理士が患者の精神的な特性を分析し、その内容を病院全体で共有することで、より適切なケアを行えるようになる場合がある。また病気やケガによって辛い気持ちを抱えている患者、家族を支える役割も強い。チーム医療の発展により需要が増している職場だ。

○福祉分野
 この分野では、児童相談所、老人福祉施設などで活躍するケースが見られる。例えば児童相談所では、虐待で心に傷を負った子どもや、養育に不安を抱える保護者のメンタルケアを担っている。老人福祉施設については、認知症等を患っている利用者の心理状態を評価し、適切なケアにつなげる役割を担っている。

○司法機関
 罪を犯した人がどのような心理状態にあるのか正しく評価することは、ときに裁判の結果を左右する。また、罪を犯した人が更生していくうえでも、心理状態を観察することはとても重要だ。こうした心理的な調査や面接を行うのも臨床心理士の役割となっている。具体的な職場は裁判所や刑務所、少年院などだ。

○企業
 従業員のカウンセリングやメンタルヘルス教育を行う。大きな企業は臨床心理士と一緒に産業医や保健師も雇っていて、互いに協力しながら業務を進めることが多い。企業に直接雇用されるのではなく、派遣業者に所属して企業に派遣される場合もある。