×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

看護師の収入、資格

看護師

 医師の治療を助け、人々の健康を守ることが「看護師」の仕事。つらい病気やけがを抱えている人の近くで、日常生活をサポートしたり、相談に応じたりすることも務めの一つだ。人の命にかかわる分、責任とやりがいも大きいと言える。

看護師の年収・給与・収入

収入

・平均給与 33万1900円/月・年収 約480万円

※年収の計算方法:きまって支給する現金給与額(33万1900円)×12カ月+年間賞与その他特別給与額(81万6500円)
※厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」より
※10人以上の規模の事業所で働く看護師の給与月額男女計(平均年齢:39.3歳、勤続年数:8.2年、所定内実労働時間数:158時間、超過実労働時間数:7時間)

(男女計の平均年収は約480万円。多くの看護師の給与形態は「基本給+時間外(残業)手当+各種手当」となっており、特に各種手当が手厚いことが多い。例えば独特の手当として、「オンコール手当」が挙げられる。緊急時の招集にすぐに応えられるよう、自宅で待機しておくことをオンコール体制と呼び、負担がかかるために手当が支給される。そのほか、手術室看護師など、病院内の特定の科の看護師については危険手当が支給されることもある。)

教えて先輩!
看護師として働いている先輩に、キャリアアップについて聞いてみた!

Q.病院内ではどのように“肩書き”が上がっていくの?

A. 私の勤める病院の場合は副主任、主任、副師長、師長、副部長、部長と出世していきます。師長さんはその病棟のトップ。部長がその病院の看護師のトップ。基本的に師長も部長も看護師であればだれにでもめざせます。(29歳・女性・看護師歴8年目)

Q.キャリアアップとしてめざせるさらに高度な資格はどのようなものがあるの?

A. “救急看護”、“集中ケア”、“感染管理”など、臨床現場で役立つ高い看護技術を持ったスペシャリスト「認定看護師」と、“がん看護”、“精神看護”、“老人看護”などの分野において患者さんの看護にあたるスペシャリスト「専門看護師」があります。もちろん師長などの管理職をめざすなら強みになりますよ。(29歳・女性・看護師歴8年目)

看護師に必要な資格が取得できる大学を検索

看護師に必要な資格が取得できる専門学校を検索