職業情報 医療・看護系

保健師

保健師

保健師の仕事の内容

さまざまな保健活動を通して住民の健康増進に努める

 都道府県の保健所や市区町村の保健センターなどで、地域の住民の病気予防や健康の保持・増進のためにさまざまな保健活動を行うのが保健師の仕事だ。対象となるのは乳児、妊婦、障害のある人、高齢者、寝たきりの在宅療養者など幅広い。これらの人々に対して集団検診、家庭介護教室、電話相談、定期的な家庭訪問などを通して健康問題などの相談に乗り、支援活動を行う。
 相談内容も、妊婦の健康維持、育児相談、生活習慣病、伝染病、エイズの予防、心の健康相談、介護保険関連など、広範囲に渡っている。また、企業や健康保険組合で職員の健康管理を行うなど、産業保健分野で活躍する保健師もいる。

保健師の働き方と生活

残業や休日出勤は少ないが勤務地を問わず多忙

 保健師の大半は地域の保健所や保健センターなどに所属するが、そのほか企業で従業員の健康相談に携わったり、病院で患者の療養生活への相談に乗ったりする場合もある。残業や休日出勤は少ないが、過疎地では家庭訪問のため遠方まで出向くこともある。都市部でも、人口が多い割に保健師の数が限られているので多忙だ。

保健師にふさわしい人

だれもが相談しやすい気さくな人柄と信頼感

 地域社会で病気の予防や健康増進、保健・福祉的なサービスに当たるには、さまざまな生活上の問題も絡んでくるので、広い視野が必要だ。また、子どもから高齢者まで、だれもが安心して相談できる信頼感や親しみやすさ、わかりやすく説明する能力、説得力も必要だ。
 加えて、医療、福祉、教育関係の専門スタッフと協力することが多いので、協調性も大切だ。

保健師の収入、資格

収入 …  初任給 約23万円(東京都職員保健師Ⅰ類Bの場合・2016年)

必須資格 … 保健師/看護師

保健師に必要な資格が取得できる大学を検索

保健師に必要な資格が取得できる専門学校を検索

保健師の将来展望

地域のニーズに応えて活動の場が広がる

 保健師の多くは市区町村に所属し、住民に密着した保健・福祉サービスを提供している。今後は、地域でのケアが必要な高齢者の増加が見込まれることから、保健所や保健センターにとどまらず、訪問介護ステーションなどの介護関連施設で働く保健師が増える可能性がある。高齢化と多様な介護ニーズに対応するため、保健師の役割はより重要になるだろう。

保健師にはこうすればなれる

大学、短大、看護学校の看護師養成課程卒業が先決

 保健師になるには、保健師国家試験及び看護師国家試験に合格しなければならない。卒業と同時に国家試験を受験できるのは、大学の看護学系学部で保健師になるための学科を専攻した者だ。また、統合カリキュラム採用の看護系専門学校(修業年限4年以上)卒業者も、直接受験できる。それ以外には、看護師養成所または看護大学や短大を卒業して看護師の資格を取得後、保健師養成課程の専攻科を持つ短大、あるいは保健師養成所に1年以上通う方法がある。
 近年の保健師国家試験の合格率は約9割と高い。

保健師 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ