×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

保健師になるには

保健師

 保健所や保健センターで、公衆衛生の向上のために働く職業。健康診断の実施、病気の相談への対応、難病や感染病の調査・啓蒙活動など、人の健康を守るために幅広く活動することが特徴だ。近年、企業や学校で働く保健師も登場しつつある。

保健師になるには

大学、短大、看護学校の看護師養成課程卒業が先決

 保健師になるには、保健師国家試験および看護師国家試験に合格しなければならない。卒業と同時に国家試験を受験できるのは、大学の看護学系学部で保健師になるための学科を専攻した者だ。また、統合カリキュラム採用の看護系専門学校(修業年限4年以上)卒業者も、両者の受験資格を得ることができる。それ以外には、看護師養成所または看護大学や短大を卒業してまず看護師の資格を取得後、保健師養成課程の専攻科を持つ短大、あるいは保健師養成所に1年通う方法がある。
 近年の保健師国家試験の合格率は約8〜9割と高い。

保健師 なるためチャート

保健師に必要な資格が取得できる大学を検索

保健師に必要な資格が取得できる専門学校を検索