×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

診療情報管理士の働き方と生活

診療情報管理士

 カルテをはじめとした診療情報を管理する職業。カルテに書かれたことが正しいかを確認し、病院のデータベースに入力・管理することが仕事だ。患者の大切な個人情報を守り、かつ病院の経営や病気の研究にデータを役立てるために必要な職業と言える。

診療情報管理士の働き方と生活

休日や福利厚生も充実し、長く働ける職場

 診療情報管理士は病院で働くが、看護師や医師のような夜勤はなく、労働時間や休日、福利厚生などは、病院事務の職員とほぼ同じ扱いとなることが多い。年齢の幅も広く、長く働ける職場だ。
 雇用形態もさまざまで、正社員はもちろん、パートタイマーや非常勤として採用される場合も多い。

 大きな病院になると、その分管理しなければならない情報が多く、効率よく業務を進めることが求められる。また、病名をはじめ、医療の専門用語にたくさん触れることになるため、常に学ぶつもりで働くことが大切なようだ。
 なお、仕事のほとんどはデスクワークであり、身体を動かす機会はあまりない。そのほか、多くの病院が8〜17時前後を労働時間に定めており、残業が長引くこともないようだ。ほかの医療関係の職業と比べて、規則正しい生活を送りやすいと言える。