職業情報 公務員系

国家公務員

国家公務員

国家公務員の仕事の内容

国民のためによりよい社会作りに貢献する

 国家公務員は、財務省、法務省、外務省、経済産業省などの省庁や、裁判所、国会などの国家機関に所属して、国の公式行事や国民全体にかかわる仕事を行う。仕事の内容は所属機関によってさまざまだが、大きく分けると次の4種類がある。(1)治安、外交、税金関係、(2)農業、工業、商業関係、(3)労働、厚生、社会福祉関係、(4)教育、文化関係。いずれにしても、国民のために国の予算を有効に運用し、暮らしやすい社会作りに貢献するという使命がある。
 日本の未来を思い描き、社会を構成する一人ひとりの生活がよりよくなるように、さまざまな業務に取り組めるのが国家公務員の仕事である。

この職業をめざすなら!

国家公務員の働き方と生活

予算編成期などには夜遅くまで働くことも

 一般的に中央の本省庁に勤務することが多いが、地方の出先機関などで働く場合も少なくない。
 勤務時間は基本的に1日7時間45分で週休2日制となっているが、予算編成期や国会会期中は夜遅くまで仕事が続くこともある。特に、総合職で採用された人は、かなりの激務となりそうだ。

国家公務員にふさわしい人

国の将来に貢献する高い志が必要

 国民全体のために仕事をするのが国家公務員なので、常に公正な視点を持ち、国や国民の役に立ちたいという奉仕の精神を人一倍持っている人に適している。また、国の将来の動向にかかわる仕事でもあり、グローバルな視野と柔軟な発想力が欠かせない。国の行政の第一線で活躍するには、使命感やリーダーシップも必要だ。

この職業をめざすなら!

国家公務員の収入、資格

収入 …  初任給 約22万円(総合職・行政職・大卒程度・東京都特別区内勤務・2016年)

必須資格 … 国家公務員採用各種試験

国家公務員の将来展望

厳しい現実もあるが人気の高い区分も

 安定したイメージのある国家公務員だが、国家財政のひっ迫により国家公務員の定員を減らす計画があるなど、以前に比べて厳しい状況となっている。しかし、依然人気の高い試験区分もある。
 現在、日本では社会、経済、行政など各分野で大きな改革が進められている。こうした中で、よりよい国作りのために、仕事に熱意を持って取り組める人材がいっそう求められていくだろう。

国家公務員にはこうすればなれる

2012年度から新しい試験体系に

 国家公務員になるには、国家公務員試験に合格するのが最も一般的なルートだが、現在、総合職・一般職・専門職・経験者採用の四つの体系になっている。一般職・専門職には「大学卒業程度」と「高校卒業程度」の二つの試験がある。試験区分が細かく分かれているので、特に有利な学部というのはなく、何を専攻してもチャンスはある。
 ただし、試験に合格すれば必ず採用されるわけではない。試験に合格すると、採用候補者名簿に名前が登載され、各省庁はその採用候補者の中から採用面接等を行い、採用者が決定される。

国家公務員 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ