×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 公務員系

国家公務員の資格

国家公務員

 国家公務員とは、省庁をはじめとした国の機関で働く公務員のこと。一言で国家公務員と言っても、省庁で政府の政策を考える人もいれば、国有の山や林の調査に行く人、皇居の警備を担う人など、さまざまな職種がある。

国家公務員の資格

必須資格 … 国家公務員採用各種試験

 国家公務員になるには国家公務員採用試験に合格し、その後各省庁を訪問し、採用が決まる。採用試験は
・国家公務員総合職
・国家公務員一般職
・皇宮護衛官
・法務省専門職員
・財務専門官
・国税専門官
・食品衛生監視員
・労働基準監督官
・航空管制官
と、職種ごとに分かれている。さらに、同じ総合職試験の中でも、例えば「行政」「人間科学」「工学」など、試験の区分が分かれており、区分によって試験科目や省庁への採用状況が変わってくる。やや複雑なので、国家公務員を志望する場合は早めに試験の概要を整理しておこう。
 一例として、国家公務員総合職(大卒程度)の合格率を見てみよう。平成30年度は全体で約1万7400人が受験し、最終合格者数は1158人、合格率は約6%だった。国家公務員試験は非常に難度が高いことで有名。特に総合職はいわゆる「キャリア官僚」への道であり、かなりの難関であることを覚えておこう。

関連する職業

地方公務員/国際公務員/外交官/国税専門官/労働基準監督官

 国家公務員に関連した職業は、公務員系の仕事の中から見つけることができる。国税専門官や労働基準監督官などは、国家公務員の一例だが、特に専門性が高い職業だ。そのほかにも、航空管制官や皇宮護衛官など、国家公務員にも特別な仕事や役割がある。国家公務員に関心がある人は、具体的にどのような省庁、職場で、どのような仕事を行いたいのか考えてみよう。

この職業になれる専門学校を探す