労働基準監督官の将来展望

労働基準監督官

労働基準監督官の将来性

新たな労働問題の解決に期待

 かつては不適切な労働条件や作業環境下で働く労働者が少なくなかったが、事業主側の努力や法的規制の強化で大きく改善されてきた。こうした改善努力の最前線で活躍してきたのが労働基準監督官だ。
 最近は、日本の国際化の進展に伴い、外国人労働者をめぐるトラブルなど新たな状況が生まれている。こうした労働問題の解決に当たるスペシャリストとしても、労働基準監督官には大きな期待が寄せられている。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る