×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 公務保安関係

消防官の将来展望

消防官

 火災や台風、地震をはじめとした災害現場に出動し、消火や危険の排除、人命救助を行う職業。災害対応以外にも、救急隊による傷病者の応急処置・搬送や、防災の予防啓発活動など、部隊に分かれてさまざまな業務を行っている。

消防官の将来性

大都市では特定の分野に強い人材に期待

 火災、地震、風水害などの災害はいつの時代にも発生する可能性があるため、消防官の果たす役割には今後も大きな期待が寄せられている。
 また、近年では建物の高層化などにより、これまでにないタイプの災害が発生する危険性が高まっている。そのため、最新鋭の資材・機材を扱うことができる人など、特定の分野に強い人材へのニーズが高まると予想される。

 一方で、消防の現状には課題もある。1つは、女性消防官の人数だ。女性消防官は年を追うごとに少しずつ増えているものの、男性消防官に比べるとまだまだ少数派。女性の消防官が増えることで、救急現場での対応や地域防災力の向上が期待されることから、国は女性に向けた消防官の広報を積極的に行っている。また、女性の消防官向けに消防署の改装を行う消防署も出てきており、今後は女性がより働きやすい職場が増えていくかもしれない。
 また、体を動かしづらい高齢者や日本語がわからない外国人をどのように誘導し、救出していくのか、高齢化やグローバル化にも対応していかなければならないだろう。

この職業になれる専門学校を探す