×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 公務保安関係

消防官になるには

消防官

 火災や台風、地震をはじめとした災害現場に出動し、消火や危険の排除、人命救助を行う職業。災害対応以外にも、救急隊による傷病者の応急処置・搬送や、防災の予防啓発活動など、部隊に分かれてさまざまな業務を行っている。

消防官になるには

学科試験のほかに体力検査も

 消防官になるには、消防官の採用試験に合格し、各自治体に採用されなければならない。地域によって違いはあるが、大卒者程度、短大卒者程度、高卒者程度などに分けて行われるのが一般的だ。また、大卒者程度の採用試験では、建築、電気、化学、機械といった専門系の区分を設けているところもある。
 なお、試験では一般教養や論文といった学科試験のほかに、適性検査、反復横跳びや腕立て伏せなどの体力検査も行われるので、日ごろから体を鍛えておく必要がある。
 実際に任務に就くのは、消防学校で消防業務の基礎を学んだあと、各消防署に配属されてからになる。

消防官 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す