×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 公務保安関係

救急救命士

救急救命士

救急救命士になるには

救急隊員として経験を積むのが近道

 救急救命士として活躍するためには救急救命士の国家試験とともに消防官採用試験の合格が欠かせない。そのルートは主に2通りある。
 一つは、まず消防官として採用されてから国家試験を受験する方法。消防官として勤務しながら5年以上または2000時間以上の救急業務を経験し、さらに養成所で6か月以上の講習を受けることで受験資格が得られる。
 もう一つは、養成課程のある大学や専門学校で所定の課程を修了し、国家試験に合格したのちに、各自治体の消防官採用試験にパスする方法だ。
 近年では、チーム医療の必要性が叫ばれており、救急医療に力を入れる病院で救急救命士の有資格者を募集することも多くなっている。

救急救命士 なるためチャート

続きを読む

救急救命士の仕事の内容

救急車の中などで患者に救急救命処置を施す

 救急救命士は、病院や診療所に搬送される途中の傷病者に救急救命処置を施すスペシャリストだ。止血処置や脈拍の測定といった一般的な医療活動はもちろんのこと、心臓や呼吸の止まっている傷病者に対して、医師の指…

続きを読む

救急救命士の働き方と生活

24時間体制の勤務だがやりがいも大きい

 救急活動は24時間体制で行われるため、勤務形態は交代制だ。出勤が早朝や深夜になることも多いため、生活は不規則になりがちである。また、出動要請があれば仮眠中でも出ていかなければならないなど、過酷な面も…

続きを読む

救急救命士に向いている人・適性

冷静沈着な判断力と医療に関する知識が必要

 一刻を争う救急医療の現場で適切な判断を下さなければならないため、何よりも冷静沈着であることが求められる。
 また、さまざまな医療機器を使いこなす必要があるので、医療に関する知識の習得に日々努…

続きを読む

救急救命士の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  初任給 約25万円(東京消防庁Ⅰ類の場合・2017年)

続きを読む

救急救命士の将来性

救急医療の充実が課題。今後とも期待は大きい

 今日、救急医療をより充実させていくことが重要な課題となっており、今後とも救急救命士への期待は大きいと言える。
 救急隊が出動する件数は年々増加傾向にあり、各自治体では、救急隊を増隊する動きも…

続きを読む

救急救命士に必要な資格が取得できる大学を検索

救急救命士に必要な資格が取得できる専門学校を検索