インテリアコーディネーターの将来展望

インテリアコーディネーター

 インテリアコーディネーターは、依頼者が抱く家の理想に合わせて、最適な内装や家具をアドバイスする職業。依頼者とのコミュニケーションを通して仕事を完成させるため、接客的な要素も強い仕事だ。

インテリアコーディネーターの将来性

一般住宅の新築・改築などで広がる需要

 生活様式が多様化するにつれてインテリアへの関心が高まり、それまで主流だった店舗やホテルだけでなく、一般住宅の新築、改築にもインテリアの専門家が求められている。
 依頼者に質の高い提案ができるだけの実力を身につければ、活躍の場は広がるだろう。

 インテリア業界全体で見ると、現在は「少子化」と「建物の耐久年数の伸長」が今後の動向に影響を与えていくと見られている。そのほかの業界と同様に、少子化によって人が減っていくことで市場の規模が小さくなることは避けられない。その中で、住宅メーカーや家具メーカーが商品やサービスに付加価値を与えていくには、家や内装についてアドバイスできるインテリアコーディネーターが必要になってくる。また、建物の耐久年数が伸びたことで、リフォームやリノベーションと呼ばれる家の再生が注目されるようになってきた。商業施設でも個人住宅でも、より理想に近いかたちで改装していくには、やはりインテリアコーディネーターの力が求められるだろう。こうしたことから、インテリアコーディネーターには今後も活躍の場がたくさんあると考えられる。

この職業になれる専門学校を探す