インテリアコーディネーターにふさわしい人

インテリアコーディネーター

 インテリアコーディネーターは、依頼者が抱く家の理想に合わせて、最適な内装や家具をアドバイスする職業。依頼者とのコミュニケーションを通して仕事を完成させるため、接客的な要素も強い仕事だ。

インテリアコーディネーターにふさわしい人・適性

美的センスに加えコンサルティング能力も必要

 第一に、インテリアや住宅に関する基礎知識と豊富な商品知識を持ち、室内空間を機能的かつ美しく演出できるセンスが求められる。また、照明器具やカーテン、壁紙など、さまざまなインテリア素材を組み合わせて室内空間を構成していくため、色彩のバランス感覚や構想力に優れていなければならない。こうしたコーディネートのための知識、資質が必要になる一方で、家具や内装、家が好きであることも同じくらい重要だ。
 また、インテリアコーディネーターの仕事は接客業と言えるくらい、依頼者とのコミュニケーションが重要になる。実際に住む人の立場に立ってアドバイスを行うことや、建設会社や設計担当者、外部のメーカーとの間をパイプ役としてしっかりつなぐことも大切であり、コミュニケーション能力が欠かせない。人の間に立つことが好きだったり、人の夢や願いをかなえたいと思う奉仕の精神があると、この仕事がより好きになるだろう。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る