×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

労働基準監督官の仕事の内容

労働基準監督官

労働基準監督官の仕事の内容

悪質な違反者を送検する権限も持つ

 労働者は、労働基準法などの法律によって、職場で安全に働けるよう保護されている。しかし実際には、劣悪な職場環境や、法で定められている最低賃金以下の賃金で働かされている場合もある。このような労働に関するさまざまな問題を解決するために、職場の労働環境を調査し、違反があれば指導、摘発するのが労働基準監督官だ。
 労働基準監督官は、厚生労働省や各地の労働局、労働基準監督署に所属している。そして、管轄内の工場や事業所に立ち入り、労務関係の書類の点検や作業環境の検査を行い、悪質な法律違反があれば、司法警察員として犯罪捜査を行い、書類送検することもある。

この職業になれる専門学校を探す