×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

労働基準監督官になるには

労働基準監督官

労働基準監督官になるには

法学系あるいは工学系学部進学が近道

 労働基準監督官になるには、労働基準監督官採用試験に合格しなければならない。試験区分は、法文系の「労働基準監督A」と、理工系の「労働基準監督B」に分かれており、どちらかを選択して受験する。
 受験資格は年齢制限がある。A、B共にそれぞれの区分に応じた専門知識が問われるので、大学の法学系、工学系学部に進学して専門知識を身につけておいた方が有利だ。
 試験は、A、Bとも1次と2次があり、1次では基礎能力試験と専門試験、2次は人物試験(面接)や身体検査などがある。

労働基準監督官 なるためチャート

この職業になれる専門学校を探す