歯科医師の仕事の内容

歯科医師

 虫歯をはじめとした、歯の病気を治療する職業。治療だけでなく、歯磨きの指導や健康診断を通して病気の予防に努める役割も担っている。近年はさらに役割が広がり、子どもの食育や高齢者の歯・口の健康ケアなどで活躍している人も。

歯科医師の仕事の内容

歯を中心とした口腔全体の治療に携わる

 虫歯をはじめ、歯周病など歯の周りの病気の診察、治療、予防活動に携わっているのが、歯科医師である。歯科医師は、親知らずを抜いたり、義歯(入れ歯)を入れたり、歯ぐきのはれを切開したりといった虫歯の治療や外科的治療、歯並びの矯正などを行う。口の中のけがや口腔がんなどの場合には、麻酔医などとチームを組んで治療することもある。
 これら病院での診察、治療のほかに、学校や児童施設で歯の健康管理(定期検診)を行ったり、保健所や国の行政機関で公衆衛生関係の仕事に携わったりすることもある。歯の病気の予防に努めるのも、歯科医師の大切な役割なのだ。

 また近年、高齢化の進行により、加齢に伴う歯や口の病気がめだつようになってきた。高齢者の中には歯科への通院が困難な人や、老人ホームに入居している人もいるため、歯科医による「訪問診療」が増えている。訪問診療を手がける歯科医は、患者や介護施設を定期的に訪れて診療を行うほか、口のセルフケアや、口を正しく動かすリハビリテーションの指導も行っている。
 多くの歯科医は開業医として、自分のクリニックを経営している。そのほか、クリニックでの診療を主に行いながら、警察に協力して遺体の身元確認を手伝う「警察歯科医」や、企業の歯科検診や歯の健康に関する指導を担う「産業歯科医」などもいる。

歯科医師に必要な資格が取得できる大学を検索