歯科医師の働き方と生活

歯科医師

 虫歯をはじめとした、歯の病気を治療する職業。治療だけでなく、歯磨きの指導や健康診断を通して病気の予防に努める役割も担っている。近年はさらに役割が広がり、子どもの食育や高齢者の歯・口の健康ケアなどで活躍している人も。

歯科医師の働き方と生活

開業医は地域によっては休日や夜間の勤務もある

 歯科医師は開業医が圧倒的に多く、勤務医や大学の研究者などは少数派だ。勤務医の勤務時間は8時間程度が普通だが、それより長時間に及ぶこともある。また、開業医でも夜間診療を行う場合がある。地域によっては当番制で休日や夜間の救急治療に当たる。

 歯科医師の1日の例は次の通りだ。9時に診療が始まるクリニックの場合、始業の30分前に出勤し、歯科衛生士らとミーティングを行う。9時から14時頃まで診療を行うが、クリニックによっては一度に複数の患者を診療することも。また、ビジネスマンは昼休みの時間に診療に来ることがあるので、一般的な昼休みの時間を診療に当ててしまうことも多いようだ。昼休み後の空き時間を使って、午前の反省を行ったり、午後の治療について打ち合わせを行ったりすることもある。夕方まで再び診療を行い、18時頃に終了。掃除やその日の振り返りを行った後に終業となる。また、終業後に先輩ドクターから指導を受けたり、機器を扱う練習を行ったりすることもあるようだ。

歯科医師に必要な資格が取得できる大学を検索