歯科医師のやりがい

歯科医師

 虫歯をはじめとした、歯の病気を治療する職業。治療だけでなく、歯磨きの指導や健康診断を通して病気の予防に努める役割も担っている。近年はさらに役割が広がり、子どもの食育や高齢者の歯・口の健康ケアなどで活躍している人も。

歯科医師のやりがい

患者の健康を保ち、よく生きる手助けができる

 歯科医師は治療を通じて、患者の健康を保つ職業だ。しかし、それだけが歯科医師の役割ではない。ものを食べて栄養を摂取する、会話をするといったように、歯や口はさまざまな役割を持っている。前より美味しく食事ができるようになった、楽しく会話ができるようになったと、治療を通じて患者に生きる喜びを与えられることこそ、歯科医師の持つ役割であり、同時に大きなやりがいと言える。
 また歯科医師は治療以外に、歯の健康を保つための教育も行う。子どもの頃、歯科医師に歯の磨き方を教わった人も多いのではないだろうか。歯の治療や教育を通じて、患者が歯の大切さに気づく様子を見られることも、仕事の楽しさに通じる部分だ。長期間にわたって同じ患者を診て、密接にコミュニケーションを取れる歯科医師だからこそのやりがいでもある。
 そのほか、歯が美容に関係していることから近年女性にも人気のある仕事であり、生涯にわたって働き続けられることも、仕事のモチベーションとなるだろう。

歯科医師に必要な資格が取得できる大学を検索