歯科医師の将来展望

歯科医師

 虫歯をはじめとした、歯の病気を治療する職業。治療だけでなく、歯磨きの指導や健康診断を通して病気の予防に努める役割も担っている。近年はさらに役割が広がり、子どもの食育や高齢者の歯・口の健康ケアなどで活躍している人も。

歯科医師の将来性

治療の専門化で差別化を図る

 現在のところ、歯科医師の数は増加を続けており、特に都市部では新規開業のハードルが上がっている。そのため、矯正歯科や小児歯科など専門分野を明確にして開業を図る人もいる。
 今後は、高齢化社会の到来に伴い、歯(口腔)と全身の健康についての関係性がクローズアップされるなど、新しい知識と技術を身につけた質の高い歯科医師の活躍が求められていくだろう。

 この「歯科医師過剰問題」は、現役歯科医師や歯科医師を志望する人にとって深刻な問題だ。歯科医院の数はコンビニよりも多くなったと言われ、特に歯科医院が多い地域では医院同士の競争が激化。結果として、経営がうまくいかない歯科医院や、働いても収入を上げられない歯科医師が出てきている。
 一方で、歯科医師の仕事が子どもの食育や高齢者の口腔ケアに広がっていることや、女性の歯科医師が活躍しやすくなっている現状など、明るいニュースもある。歯科医師を志望するのであれば、今のうちからこうした業界のニュースを積極的に調べ、動向を知るようにするといいだろう。

歯科医師に必要な資格が取得できる大学を検索