歯科医師の学校の選び方

歯科医師

 虫歯をはじめとした、歯の病気を治療する職業。治療だけでなく、歯磨きの指導や健康診断を通して病気の予防に努める役割も担っている。近年はさらに役割が広がり、子どもの食育や高齢者の歯・口の健康ケアなどで活躍している人も。

歯科医師の学校の選び方

私立大学の場合は学費をよく調べて

 歯科医師になるには大学の歯学部を卒業し、歯科医師国家試験に合格しなければならない。まずは歯学部合格をめざそう。
 歯学部は国公立大にも私立大にもあるが、私立大の学費は非常に高額だ。最も高額な大学で、6年間の学費が3,000万円超。最も学費の安い私立大学でも約2,000万円となる。大学選びの前に、私立大に進学できるか保護者とよく相談しておこう。また、私立大の学費には大学ごとに開きがある。ここまでなら許容できるなど、ラインを決めておくことも大切だ。こと医学部・歯学部に関しては、学費も大学選びの極めて重要な観点となりうる。
 大学を比較する際は、「学びの特徴」と「国家試験の合格率」を重点的に見てみよう。学びの特徴は、大学ごとにさまざまだ。例えば早い段階で臨床実習を行える、少人数教育を実施している、医学部との合同授業がある、などだ。3つめの例のように、医療系の総合大学ならではの特徴もあるので、歯科大学だけにこだわらず幅広い視野で大学探しに取り組んでみよう。
 「国家試験の合格率」について、全国平均は例年70〜80%程度となっている。ただし、大学によって合格率にはやや差がある。確実に合格したいなら、高い合格率を誇る大学に進学したほうがよいサポートを受けられるだろう。

歯科医師に必要な資格が取得できる大学を検索