言語聴覚士の就職先・活躍できる場所

言語聴覚士

 話すことや聞くこと、飲食することに関わる病気や障害の治療を手助けする職業。子どもから高齢者まで、さまざまな人の病気を検査し、患者に合わせた治療法を考えるリハビリテーションのプロフェッショナルだ。

言語聴覚士の就職先・活躍できる場所

病院・診療所が多いが、福祉施設や教育機関も

 言語聴覚士の代表的な職場は医療機関だ。日本言語聴覚士協会に所属する言語聴覚士のうち、約70%が医療機関に勤務している。そのほか、言語機能や聴覚に問題を抱えている人のいる福祉施設や学校で活躍している人もいる。

○医療機関
 脳梗塞やくも膜下出血、脳性麻痺などで言語障害を患った患者のリハビリテーションを手助けする。言語聴覚士の最もよく知られた活躍の場だ。大きな病院では、小児科をはじめとした各科ごとに担当の言語聴覚士が配属されたり、訪問リハビリテーションを行ったりすることもあるようだ。

○福祉施設
 老人ホームや障害福祉センターなどで働く言語聴覚士もいる。特に高齢者は、認知症が進むと会話がままならなくなることが多い。また、食事がうまく飲み込めずに嚥下障害、肺炎を患ってしまう人もいる。こうした施設の利用者たちに対してリハビリテーションを施すのが主な仕事だ。治療を目的とする病院と違って、日常生活の手助けとなるリハビリテーションを行う面が強い。

○教育機関
 特別支援学校や特別支援学級、言語通級指導教室(ことばの教室)も、言語聴覚士の活躍の場だ。特別支援学校や特別支援学級に関しては、外部スタッフとして非常勤採用となるケースが多い。ただし、言語聴覚士の資格を所持している場合、特別支援学校教員の試験の一部の科目が免除されるので、言語聴覚士兼教員として働くことも可能だ。

言語聴覚士に必要な資格が取得できる大学を検索

言語聴覚士に必要な資格が取得できる専門学校を検索