建築技術者の仕事の内容

建築技術者

 建物の設計や工事の監理を行う職業。いわゆる「建築士」として知られているのは、建築技術者の設計担当者だ。また設計だけでなく、実際の工事の計画を立て、工事が安全かつ時間どおりに進むようマネジメントする施工担当者も、この職業に当たる。

建築技術者の仕事の内容

建築環境も考慮して設計・施工する

 高層ビルや住宅、学校や工場などの建築物を、発注者の要望や建築環境を考慮しながら、設計、工事監理するのが建築技術者の仕事だ。
 仕事には、設計と施工などがある。設計の担当者は、建築物の用途や規模など、あらゆる角度から検討を重ね、依頼者と打ち合わせを行いながら設計プランを立てる。そうしてでき上がった設計図を基に実際に工事を進めるのが、施工担当者だ。必要な資材、作業員などを手配し、工事が予定どおり進むよう現場監理をする。
 建築技術者は、単に建築物を作るだけでなく、建築物の周囲の環境への影響にも責任を持つことが大切な使命だ。

 建物が崩れたり、依頼者のイメージと違ってしまったりしないように、設計の担当者はたくさんの時間と手間をかけて、建物の設計図を完成させる。手がける設計の中心となるのは、外観や部屋の間取りを示す「意匠設計」、建物の土台や骨組みを示す「構造設計」、電気や水、空調といった設備の配置を示す「設備設計」の3つだ。ただ設計図をつくるのではなく、依頼者が完成後の建物をイメージしやすいように、設計の途中で模型をつくることも多い。ほとんどの場合、設計はコンピュータの専用ソフトで行うことになる。
 施工担当者は、まず渡された設計図をもとに「施工計画書」という施工のプランをつくる。建物の建築は時間のかかるものなので、いつ・どの業者が・どのような工事を行い、納期に間に合わせるかを綿密に計算しておく必要がある。そのうえで、建築の安全と品質が守られるように、現場で職人に指示を出しながら工事を見守る。また、悪天候の影響などで、工事がなかなか進められない日もある。そうしたときは、できる作業がないかを探して指示を出したり、施工計画を変更したりして、納期に間に合うよう工事を監理・調整する。施工担当者は、建物を実際に建てるときの監督役と言えるだろう。
 なお、ビルの建築といった大規模な工事を行う場合、複数の施工担当者が分担して職人に指示を出し、さらにそれを責任者である施工担当者がまとめる、といった形をとることもある。

建築技術者に必要な資格が取得できる大学を検索

建築技術者に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る