建築技術者になるには

建築技術者

 建物の設計や工事の監理を行う職業。いわゆる「建築士」として知られているのは、建築技術者の設計担当者だ。また設計だけでなく、実際の工事の計画を立て、工事が安全かつ時間どおりに進むようマネジメントする施工担当者も、この職業に当たる。

建築技術者になるには

一級建築士の資格取得には実務経験も必要

 一定規模以上の建築物を設計、監理するには建築士の資格が必要で、資格には、一級、二級、木造の3種類がある。
 一級建築士をめざすなら、大学の工学系学部の建築学科や芸術系学部の建築学科に進み、卒業後に受験資格が得られる。免許登録をするには2年以上の実務経験が必要となる。短大、専門学校などを卒業した場合は、卒業した学校に応じた所定年数の実務経験が必要となる。試験の合格と実務経験の順序は問わない。
 近年の一級建築士試験の合格率は、10%前後である。
 建築技術者は、建設会社などの民間企業に勤めている人がほとんどだが、公務員の建築技術者をめざす場合には、公務員試験の建築関係の区分に合格する必要がある。

建築技術者 なるためチャート

建築技術者に必要な資格が取得できる大学を検索

建築技術者に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る