建築技術者の将来展望

建築技術者

 建物の設計や工事の監理を行う職業。いわゆる「建築士」として知られているのは、建築技術者の設計担当者だ。また設計だけでなく、実際の工事の計画を立て、工事が安全かつ時間どおりに進むようマネジメントする施工担当者も、この職業に当たる。

建築技術者の将来性

今後も建築物の工事に欠かせない存在

 近年、各地で新しい建築工法や大胆な試みを取り入れた建物が作られている。そのため建築技術者には、以前にも増して高水準の技術や独創性が要求されている。
 今後は、環境保全や高齢化、エネルギー消費などに配慮した住環境作りや都市開発、特に地震・災害対策は重要なテーマとなってくるだろう。

 また、今後も万国博覧会の開催やリニアモーターカーの開通など、国家規模の建設事業が控えている。さらに、老朽化した住宅やビルも、次々と建て替え期に入っていく。少子化の影響で住宅建設などは減っていくかもしれないが、新規の公共事業や修繕工事、建て替え工事などがなくなることはないだろう。
 一方で、建築業界は人手不足が深刻だと言われており、特に建築士は高齢化が進んでいる。人材を安定的に確保するため、令和2年から新しい建築士制度も始まった。今後、建築士をめざす若者が増えたり、また有能な人材に注目が集まる可能性が高いので、チャンスが広がるかもしれない。

建築技術者に必要な資格が取得できる大学を検索

建築技術者に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る