建築技術者の資格

建築技術者

 建物の設計や工事の監理を行う職業。いわゆる「建築士」として知られているのは、建築技術者の設計担当者だ。また設計だけでなく、実際の工事の計画を立て、工事が安全かつ時間どおりに進むようマネジメントする施工担当者も、この職業に当たる。

建築技術者の資格

関連資格

各種建築士

 建築技術者の中でも、設計の担当者をめざす場合は「建築士」の資格が必要になる。建築士の資格には「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類があり、それぞれ業務の範囲が異なる。すべての建築物に関われる一級建築士になるには、一級建築士試験に合格し、合計2年以上の実務経験を経て免許を登録する必要がある。二級建築士と木造建築士は、高校や大学などで指定の科目を履修すれば、卒業後に二級建築士試験を受験できる。大学・短大・高専卒業の場合、合格すれば実務経験なしに免許登録が可能だ。令和2年度から建築士試験の受験要件が緩和されたことで、建築士の資格取得にかかる時間が短縮されそうだ。
 例年、二級建築士の合格率は20%台、一級建築士の合格率は10%台と、どちらもかなりの難関試験となっている。実務経験なしで資格を取得するためにも、大学などの進学先はよく選んだほうがいいだろう。
 なお、施工担当者にも「建築施工管理技士」という資格試験があるが、学校の卒業後、すぐに受験することはできない。

関連する職業

建築大工/土木系研究・技術者/測量士(補)/インテリアプランナー/建設会社勤務

 建設技術者に関係した職業は、同じ建築系の職業から見つけることができる。ここで挙げた職業は、いずれも建築技術者と一緒に働くことが多い、いわば仲間だ。建築技術者に興味があるなら、それぞれの職業の仕事を知っておくことは大切なので、時間があるときにチェックしてみよう。また、建設技術者の中でも、設計担当者と施工担当者だと仕事の内容が大きく変わる。自分にはどちらが合っていそうか、考えてみよう。

建築技術者に必要な資格が取得できる大学を検索

建築技術者に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る