×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 運輸系

パイロット

パイロット

パイロットになるには

エアラインパイロットには最難関ライセンスが必要

 パイロットになるためには、訓練を修了したのち、国家試験を受けてライセンスを取得しなければならない。商用飛行のライセンスには、事業用操縦士と定期運送用操縦士の2種類があり、エアラインパイロットの機長は、最難関の定期運送用操縦士のライセンスが必須だ。
 民間の訓練学校や航空大学校が訓練を行うほか、航空会社が自社養成パイロットを採用して訓練するケースがある。ただし、自社養成パイロットの採用はかなりの狭き門で航空会社によっては再受験できない。民間の訓練学校は多額の訓練費がかかるが、需要の高まりを受けて、ヘリコプターの大手民間会社が奨学金制度を始めている。

パイロット なるためチャート

続きを読む

パイロットの仕事の内容

航空機を安全に操縦し
特性を生かす

 航空会社で航空機を操縦するエアラインパイロットと、官公庁(警視庁など)、新聞社などで航空機を操縦する事業用操縦士がいる。操縦だけではなく、飛行高度や燃料の量の決定、点検なども行う。
 エアラ…

続きを読む

パイロットの働き方と生活

勤務時間は変則的で外泊もある

 パイロットの乗務時間は、航空機の航行の安全を図るために航空法によって規制されている。また、自宅や空港などで待機している時間や定期訓練も勤務時間に含まれる。
 早朝や夜間の乗務のほか、国際線の…

続きを読む

パイロットに向いている人・適性

冷静な判断力と責任感が不可欠

 パイロットにはまず、どんな緊急事態にも的確に対処できる冷静な判断力と責任感が必要だ。心身ともに健全で、体力的にも優れていることも条件になる。
 また、航空会社によっては社内規定で飛行の12時…

続きを読む

パイロットの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  勤務先により異なる(2014年厚生労働省調査)

続きを読む

パイロットの将来性

防災・人命救助での
需要高まる

 エアラインパイロットについては、格安航空会社の参入などから経営環境は厳しい状況にあり、採用や育成環境の変化が激しい。一方、防災や人命救助に活躍するヘリコプター操縦士への需要が拡大する中で、高齢化によ…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す