地方公務員の働き方と生活

地方公務員

 暮らしやすいまちをつくるために、地方公共団体に属し、福祉・教育・文化など地域の生活環境を整えたり、行政サービスを提供したりする職業。いわゆる役所の人だけでなく、学校や病院、図書館の職員など、さまざまな人が地方公務員にあたる。

地方公務員の働き方と生活

残業は部署により異なる

 地方公務員の勤務先としては、各都道府県庁や市区町村役場、地方公共団体、公立の学校、病院、図書館などがある。
 勤務時間は基本的に1日約8時間で、民間企業に比べて残業が少ないと言われているが、勤務状況は部署により異なる。また、ほとんどの自治体が週休2日制を導入している。

 多くの仕事で「ワークライフバランス」(仕事と生活の調和)が重視されるようになっている今、地方公務員も働き方の見直しが進められている。前述の通り、地方公務員にも残業の多い部署があり、「長時間働くことが偉い」と思われがちな風潮が残っていることもある。税金から職員の給与が出ていることもあり、より効率的に業務を進められるよう、国や都道府県の指導のもと、地方公務員の働き方も変わりつつある。また、民間では既に導入されていることの多いフレックスタイム制(仕事始めの時間と終わりの時間を、働く人自身が決められる制度)を取り入れる自治体も出てきている。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る