地方公務員にふさわしい人

地方公務員

 暮らしやすいまちをつくるために、地方公共団体に属し、福祉・教育・文化など地域の生活環境を整えたり、行政サービスを提供したりする職業。いわゆる役所の人だけでなく、学校や病院、図書館の職員など、さまざまな人が地方公務員にあたる。

地方公務員にふさわしい人・適性

住民の意見を聞く誠実さが第一

 地域に寄り添い、地域を支えるのが地方公務員の仕事。その地域に対して愛着を持っていることや、地域住民の力になりたいと思うことが第一に大切なことだ。
 実際に働いていくうえでは、地域住民の意見や不満を広くキャッチして、それを行政に生かしていくことが求められる。どんな意見にも素直に耳を傾ける誠実さや、正しいと思ったことすぐに実行していく行動力が必要だ。また、市町村区役所に勤める場合、数年に一度部署を変えながらステップアップしていくことになる。部署によって仕事の内容が大きく変わるが、どのような仕事にでも早く慣れられる順応力や、業務について学び続ける意欲があると働きやすいだろう。
 地方の時代と言われている現在、地域振興に役立つプランを積極的に打ち出していくことも、地方公務員の大きな使命となっている。地域にどんな資源が眠っているのか、またどんな課題があるのかを自分なりに考え、職務の中で改善にあたっていくために、これからの公務員には高い課題解決能力が求められるようになるかもしれない。

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る