×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 技能サービス系

管理栄養士、栄養士の将来展望

管理栄養士、栄養士

 栄養に関する知識を生かし、給食のメニュー作成や栄養管理を行う職業。主に病院や学校、企業などで提供する給食づくりに関わっている。また、病院や福祉施設では、病気の人に対しどのような食事を取るべきか、専門的な栄養指導も行っている。

管理栄養士、栄養士の将来性

今後期待される栄養指導者としての役割

 栄養の専門家へのニーズは年々高まっており、特に食品関連企業では、消費者窓口、新製品開発などの分野で高度な栄養知識を持ったスペシャリストを必要としている。
 最近では、健康志向を取り入れた新メニュー開発などをサポートする栄養コンサルティングも注目されている。また、子どもに食習慣についての指導などを行う栄養教諭が配置されている小・中学校もある。

 「高齢化」は、栄養士の将来に大きな影響を与えているトピックの1つだ。社会の高齢化が進んだことで、在宅で介護を受けたり、療養したりする高齢者が増えてきた。今後、病院だけでは栄養指導が追いつかない可能性があることを受けて、「栄養ケア・ステーション」という地域に密着した栄養指導の拠点ができ始めている。栄養ケア・ステーションでは、例えば市役所の依頼を受けて料理教室を開く、薬局に対して優秀な管理栄養士を紹介する、家庭を訪問して個別に栄養指導を行うなど、栄養士・管理栄養士がさまざまな形で地域の健康に貢献している。栄養ケア・ステーションは医療や行政と地域を結ぶもの。病院や給食センターでの仕事はもちろん、今後はより地域に寄り添った形での活躍が増えていくかもしれない。

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる大学を検索

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる専門学校を検索