管理栄養士、栄養士のやりがい

管理栄養士、栄養士

 栄養に関する知識を生かし、給食のメニュー作成や栄養管理を行う職業。主に病院や学校、企業などで提供する給食づくりに関わっている。また、病院や福祉施設では、病気の人に対しどのような食事を取るべきか、専門的な栄養指導も行っている。

管理栄養士、栄養士のやりがい

食事を通して人の健康を支えること

 管理栄養士、栄養士の代表的な仕事は、食事をつくることだ。どうすれば栄養豊富でおいしい食事をつくることができるか、効率やコストまで考えると、調理の過程は試行錯誤の連続になる。その分、自身の調理の腕が上がっていくことや、工夫をこらせるようになっていくのを実感しやすいだろう。専門家としてスキルの向上を感じやすい仕事と言える。
 また病院や飲食店など、職場によっては料理を食べてくれる人と接する機会も多い。「この料理がおいしかった」と言われることは、調理に携わったものとして何よりのやりがいあろう。病院では、健康状態の悪かった患者さんが自分のつくった食事を通して元気になっていく姿も見ることができる。
 管理栄養士、栄養士のもう一つの仕事に、栄養指導がある。調理とは別の形で、自分の持つ専門的な知識を他人の健康に役立てる。特に、指導を通して相手の食事に対する意識が変わっていくことを実感できたときは、大きな喜びを得られるはずだ。

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる大学を検索

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る