×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 技能サービス系

管理栄養士、栄養士の働き方と生活

管理栄養士、栄養士

 栄養に関する知識を生かし、給食のメニュー作成や栄養管理を行う職業。主に病院や学校、企業などで提供する給食づくりに関わっている。また、病院や福祉施設では、病気の人に対しどのような食事を取るべきか、専門的な栄養指導も行っている。

管理栄養士、栄養士の働き方と生活

職場によっては交代制勤務もある

 栄養士の勤務先は、病院や学校、給食センター、会社の社員食堂、老人ホームなど多岐に渡り、職場によって労働条件も異なる。総合病院などでは交代制勤務になっているところもあり、休日出勤もありうる。
 また、食品会社の研究職や栄養コンサルタントとして働く場合もある。

 そのほか、施設そのものではなく、病院、学校、保育所などに給食を提供する給食委託会社に就職する栄養士も増えている。
 給食の調理や提供に関わる栄養士は、特に交代制で働くことが多い。病院などでは、朝食・昼食・夕食のすべてを提供しなければならないこともあり、それぞれ担当者が交代で調理を行う。仕込みにも時間がかかることから、早番、日勤、遅番などに分けられているようだ。ただし、昼食しか提供しない小学校・中学校などの給食づくりに携わる場合、朝から夕方までの固定シフトが敷かれていることが一般的だ。
 また、病院などで栄養指導を行う管理栄養士については、交代制で働くことがほとんどない。外来診療が行われる時間など、決まった時間だけ働くのが普通だ。個人、集団への栄養指導、それに入院患者を見て回る回診が業務時間の大半を占め、残りの時間でスタッフ間の会議やカルテの記入を行っているようだ。

教えて先輩!
栄養士・管理栄養士として働いている先輩に、勤務スケジュールについて聞いてみた!

Q.勤務のスケジュールを教えてください!

A.病院に勤めている私のスケジュールは、朝5時に出社して患者の朝ごはんの支度を開始。7時に食事を出したら自分も朝ごはんを食べて、すぐに戻ってきたお皿を洗います。その後、昼食の準備にとりかかって、その間に納品などの事務作業。同じ手順を15時のおやつ、18時の夕食の準備をしながら行い、さらにその合間を縫って今後1か月間のメニューを考えて発注します。ほとんど休む暇もなく、仕事が終わるのはだいたい夜7時くらいですね。(26歳・女性・栄養士・管理栄養士歴4年目)

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる大学を検索

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる専門学校を検索