管理栄養士、栄養士の就職先・活躍できる場所

管理栄養士、栄養士

 栄養に関する知識を生かし、給食のメニュー作成や栄養管理を行う職業。主に病院や学校、企業などで提供する給食づくりに関わっている。また、病院や福祉施設では、病気の人に対しどのような食事を取るべきか、専門的な栄養指導も行っている。

管理栄養士、栄養士の就職先・活躍できる場所

食事を提供する施設を中心に、活躍の幅が広い

 管理栄養士、栄養士の就職先は医療施設、福祉施設、学校、給食施設、食品会社、飲食店・ホテル・スポーツクラブなどだ。多岐にわたるが、いずれも「食事を提供する場所」という点は共通している。

○医療施設
 管理栄養士、栄養士は病院や診療所(クリニック)で活躍できる。どちらも入院患者に対して、栄養バランスに優れた食事を提供する必要があるからだ。また栄養サポートチームの一員として、患者に対して栄養指導を行うこともある。

○福祉施設
 ここでいう福祉施設は、老人ホームなどの高齢者施設、障害者施設、それに保育園を含んでいる。業務内容は医療施設とよく似ている。高齢者のケアに関わりたい、障がい者のケアに関わりたいなど、どんな人の健康を支えたいか決まっているとやりがいも生まれやすいだろう。

○学校、給食施設
 多くの人が経験したように、小学校や中学校では給食が提供される。その給食は学校内でつくっていることもあれば、給食センターでつくっていることもある。給食施設は学校だけに給食を提供しているわけではなく、先述の医療施設や福祉施設などに提供する場合もある。

○食品会社
 食品会社では、いわゆる開発職として活躍できる。ただし、管理栄養士、栄養士が必須条件であることは珍しく、あると有利な資格にとどまっていることが多い。

○飲食店・ホテル・スポーツクラブ
 飲食店やホテルによっては、ヘルシーな食事、健康的な食事の提供を目玉にしていることがある。管理栄養士、栄養士が専門性を発揮しやすい職場と言える。スポーツクラブの場合はこうした食事の提供に加えて栄養指導まで行う場合があるので、さらに活躍しやすいだろう。

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる大学を検索

管理栄養士、栄養士に必要な資格が取得できる専門学校を検索

「職業を探す」に戻る

「職業分野から探す」に戻る